本文へスキップ

SHIGA PREFECTURAL RITTO HIGH SCHOOL

TEL. 077-553-3350

〒520-3016 滋賀県栗東市小野618

アーカイブ



                                  

令和3年12月17日(金) 
「キャリアプランニング講座見学会」


12月10日(金)2年生の進路行事として、分野別学校・職場見学会を実施しました。当日は生徒自身が選んだコースごとに貸切バス5台に分かれて出発。進学希望者は京都方面を中心に午前・午後の行程で2校の見学、就職希望者は午前に近隣の製造業の企業見学、午後は学校に戻りコミュニケーション講座を受講しました。
各コースとも、校舎や施設の見学とともに簡単な体験などもさせていただき、生徒たちにとって進路選択のための貴重な時間になりました。

【企業見学での生徒の様子】



【生徒の感想より】
コミュニケーション講座(就職希望者)
1年生の時に教えていただいた「良好な人間関係を築くための話し方・聞き方」をさらに発展させて、面接時や働いてからのコミュニケーションにおいて大切なポイントをたくさんお話いただきました。学んだことを「勇気を持って実践していくこと」が大切です

  「何を話すかよりも、どう話すかが大切になることを知った。人前で話すことを苦手にしていたけど、ちょっとしたことを意識するだけで他人からの見る目が変わって、印象が良いイメージになるから自分も実践してみたいと思った。就職試験の面接は今日教えていただいたことやグループワークをしたことを意識して、逃げずに、失敗しても恐れず挑戦していこうと思います。」

学校見学(進学希望者)
○現代家政学科では、幼・保・小の3つの資格をとることができると初めて知りました。2校の見学をしましたが、同じ幼児系の学校でも考え方が全然違っていて、それぞれに魅力があって、他の学校についても知りたくなりました。(保育コース)
○美容をやっている人たちはワイワイしているイメージもあったけど、授業態度も真面目でON・OFFの切り替えができていて、すごい!と感じさすが大人だと思いました。(理美容・メイクコース)
○学校によって、同じ学部でも授業の方法や大事にしているところなど、違うところが多く、自分によく合う学校をもっとしっかり見つけようと思いました。(芸術系大学コース)
○2つの専門学校を見学して、進路についての選択肢が広がったと思う。最初は作業療法のみで見ていたけど、「柔整」や「はり」も良いと思った。取得できる資格だけを見るのではなく学費の面も頭に入れて進路を考えようと思った。福祉系も良いと思ったし、よく調べようと思う。(スポーツ・医療コース)
○専門学校と大学を両方見学できて、進学の判断材料としてとてもいい経験になった。自分が今一番考えているのは専門学校ですが、大学も大学ですごくメリットを感じた。これから他校のオープンキャンパスに行ったりしながら決めていけたらいいなと思う。それと同時に勉強へのモチベーションがあがったので、しっかり活かしていきたいと思った。(看護コース)
○ガイドしてくださった学生の説明や質問に対する答えが丁寧だった。午後に見学した大学は規模は大きくありませんが、先生と学生の距離が近くアットホームな雰囲気でした。(4年制大学コース)
○プログラミングの事もほぼ無知だったのですが、いろいろ分かり興味がわきました。午後の美術大学ではいつも描かないタイプのイラスト体験でしたが、ふだんの絵でも応用できそうな技法を教えていただけてよかったです。栗高卒の先輩も多く通っており、実際にお話も聞くことができました。(デザイン・美術・CGコース)
○車の整備体験などふだんできない体験がたくさんできました。車が好きなのでとても楽しかったです。レース仕様のアルファロメオの音が最高によかったです。(自動車コース)